ブログ

【押すな押すなもケアのうち!?】

投稿日:

 

今年は暖冬と言われておりますが、まだまだ朝晩の気温差もございます。

 

激しい気温差の中では、体温調節も難しく感じてしまいますね。

 

 

先日の施術の中で、パートナーさまからこのようなご質問を頂きました。

 

 

温めるのと冷やすのはどちらが体に良いのでしょうか?】

 

 

 

このご質問のお答えは、本日(2020年02月21日)のメールマガジンでもお話させて頂きました。

 

バックナンバーからいつでも閲覧できますので、ぜひご確認くださいませ。

 

整体×執事 ネックケアメルマガは

コチラでございます(^^)/

 

 

このブログでは、温める冷やすの補足をお話させて頂きます!

 

 

メールマガジンでは、温めるor冷やすことのタイミングをお話致しました。

 

 

しかし、中には急激な痛みを伴う時もございます。

 

 

例えばぎっくり

 

 

ぎっくりには、

『腰』以外にも『首』『背中』もございます!!

 

そして、『寝違え』やケガによる『捻挫』

 

 

このような急な痛み(急性の症状)には、アイシングつまり冷やすことが良いと言われております。

 

 

これは急な炎症の症状を冷やすことで悪化を抑えるための処置でございます。万が一、ぎっくりなどになられた場合は、「痛みが治まるまで氷水痛みが出る場所に当てる」処置を行ってくださいませ。

 

 

 

一方でいつも首や肩の凝りが酷い場合、いわゆる『慢性的な酷い凝り』には凝りがある場所へ温めることが良いと言われております。

 

 

凝りは、筋肉の緊張によって筋肉の間を通る血管や神経が圧迫をされて、酸素や栄養が筋肉の細胞へ届かずに緩むことができない状態。

 

そこに圧迫がかかり、神経に痛みとなって刺激が届きます。

 

 

ここにホットタオル湯船に浸かることで熱により血流UPが促されます。この作用により、筋肉を緩ませることが可能でございます。

 

 

まとめますと、

 

急性には、冷やす

慢性には、温める

 

上記が効果的なケアでございます。

 

※ケースによっては合わない場合もございます。その際は、患部に両方交互に当ててどちらか『気持ち良いと感じる方』を当てることも1つの方法でございます。

 

 

ぜひともご参考くださいませm(_ _)m

 

 

 

整体×執事

ネックケアサロンbridge
柴野 文博(しばの ふみひろ)

 

======================

 

お体の不調に悩む方々へ、

改善のヒントとなりますよう

メールマガジンも配信しております。

 

詳しくは、こちらのホームページのトップ画面をご覧ください。

ホームページはこちら

 

(自動で表記されます、3枚目の画像です。)

======================

 

整体×執事のSNSでは、

お店の雰囲気やお体の改善のヒントも投稿しております!

 

フェイスブックページ

Instagram

Twitter

 

======================

 

ネックケアサロンbridge

《サロン情報詳細》

 

Open:10:00~

Close:~20:00

 

ー24時間ネット予約対応ー

ご予約はコチラ

 

〒153-0041
東京都目黒区駒場4-8-2
Fメゾン1階

 

【最寄り駅】
小田急線
東北沢駅東口徒歩4分

京王井の頭線
池ノ上駅北側出口徒歩5分

 

【お問い合わせ先】
090-8505-0084
neckcare.bridge48@gmail.com

-ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ネックケアサロンbridge , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.